読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ミカン箱】未完の期待値高い漫画セレクション

これまで,原則として完結済面白い漫画のご紹介をしてきたのであるが,

まだ未完結かつ,これからの展開に強い期待が持てる漫画をご紹介しようと思う。

※キングダムとか大砲とスタンプとかは普通に未完です。

 

中には著者のやる気が失われてしまい,無念にも続巻が出ない見込みが高いものも・・・。

楽しみにしておりますので,ぜひやる気を再燃させてほしいものである。

 

【続巻している漫画】

森薫著「乙嫁語り

既に紹介する必要があるのか?レベルの有名な漫画。

緻密で美しい絵柄,正確な時代考証,日本と異なる文化をごく自然に描く着眼点と描写力,どれをとってもお値段以上の素晴らしい漫画である。

読んだ後,読んでよかったと思わせ,なおかつ読者層を選ばない。

続巻ペースは遅めだが,堅実に続いているのでおそらく途中でやめたりしないと思う。

著者の仕事が丁寧なのが良くわかる。仕事とはこうあるべきだ。

 

中島三千恒著「軍靴のバルツァー

その題名どおりのミリタリー漫画であるが,これも上記「乙嫁」と同じように,

丁寧な仕事振りに感服する漫画。絵が丁寧。こういう漫画はいいね。ほんと。

内容も,多少荒削りの部分があるものの,十分満足できるもの。

ナポレオン時代?頃の本格ミリタリーは以外と少ないので,

着眼点もいいとこ突いたという感じがある。

続巻ペースは普通。

 

松原利光著「リクドウ」

ボクシング漫画。

不幸な生い立ち,ボクシングしか自分の生きる道がない,主人公とヒロインは眉目秀麗など,道具立ては飽き飽きするほどの鉄板設定である。

似たような漫画や映画はほかに山盛りあるだろうよ,というようなコッテコテのボクシング漫画。

こんな文字通り絵に描いたような鉄板設定なのに,なぜか読んでしまう!

そのあたりは著者の腕であろう。

鉄板設定なのに面白いんですわ。

無闇なストーリーの引き伸ばしがないこと,登場人物の描写が的確,

強さのインフレを抑えつつ,毎回出てくる強者がスパイスになって面白さを維持,

そして,いいテンポでストーリーが進行するから読みやすいのなんの!

きっと著者はとても漫画が上手いのだろう。

 

石井あゆみ著「信長協奏曲

これもコッテコテの鉄板設定。

タイムスリップして信長になるという。

タイムスリップ系は使い古されすぎた設定ながら,悔しいかな,面白い。

そして,「信長協奏曲」,えもいえぬ独特の解釈が新しい。

そんな信長もありですよね。

一言で,面白い,といえる名作。

続巻ペースは遅め。

 

佐々大河「ふしぎの国のバード」

これも着眼点が面白い漫画。

読んでいて,へぇーとうなりたくなる時代考証と,

全てにおいて高水準かつ読者層を選ばないあたりが,もっとヒットしてもいいのでは,

と思わせるポテンシャルの漫画。

ただ,惜しむらくは,続巻ペースの遅さ。

このテンポで描いてたら,せっかくのポテンシャルが台無しになるおそれあり。

期待はしています。

 

【もうだめかも・・・。続巻しない漫画】

鬼頭莫宏「終わりと始まりのマイルス」

なるたる」や「ぼくらの」など独特の世界観が素晴らしい鬼頭先生の中でも,

当職が一番好きなのがこの漫画。

しかし,どうにもこうにも続巻が出る気配や一切なく・・・。

あろうことか,この間には新しい漫画「双子の帝國」を出されたようで・・・。

もし,鬼頭先生のやる気がお戻りになりましたらば,ぜひ続巻を期待しております。

 

鶴田謙二著「冒険エレキテ島」

これもまた独特の雰囲気漫画ですが,当職好きです。

万人受けはしないでしょうが,

鶴田先生が好きな人はおそらくこの漫画も好物かと。

続巻厳しいですかね。

 

※4月17日追記

木村直己著「殺手」

面白いのになぜやめた!

思い切り未完のまま続巻の気配すらない漫画。

すっかり忘れていました。追記します。

 

【もうダメ。でも,もし続編出してくれたら間違いなく買う!】

佐藤大輔原作,伊藤悠画「皇国の守護者

原作もイイ!それでいて漫画もイイ!

素晴らしいタッグだったはずなのに,原作者と揉めたのかなんなのか,

なんか変なところで打ち切りになってしまった漫画。

惜しい大賞を与えたいぐらい本当に残念。

続きが見たいです・・・。なんとかなりませんかね・・・。

 

未完箱でした。