読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【漫画の処方箋】山田章博著「BEAST of EAST」

当職の最近の記事では,

著者の美学?意識?思想?に着目してのご紹介が多かったように思う。

ルノワール展が開催されることを記念して,

本日は,完全に絵で勝負の漫画をご紹介したい。

 

<成分>

ストーリー ★★☆☆☆

幻想的な雰囲気の絵とマッチした割合わかり易いストーリーではある。

しかし,ストーリー自体に特別な印象はなく,

高評価まではつけられないか。

 

絵 ★★★★★

山田章博先生の特徴としては,なんといってもその絵であるといえよう。

精密なデッサン,美しい色使い,特にカラーの絵はそれだけで芸術といっていい。

美しいの一言。

他の絵も見てみたくなる魅惑の絵といえる。

 

エロ ★☆☆☆☆

当職は,山田章博先生の絵から美しさを感じてもエロさは感じない。

人によっては感じるのかもしれないが・・・。

佐々木希を見てもあんまり欲情しないのと同じ?

 

<用法の注意>

知る人ぞ知る,山田章博先生の絵が素晴らしいのは,

もはや当職がわざわざと紹介するまでもないのかもしれないが,

漫画として読むにあたってはつるりと読めないのがたまに傷である。

余りに精密な絵であるが故に,ゆっくりじっくり1頁ずつ楽しむのが,

この漫画の正しい用法であろう。

まちがっても,殺し屋1のようにつるっと読んでしまう感じにはならない。

読む人によっては,下手をすると目が疲れてしまったり,

この漫画の良さを知る前に読むのを止めてしまうかもしれない。

是非,この漫画を読む際には,1つの芸術を見るつもりで,

じっくり楽しんでいただきたいものである。